メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関西国際空港

台風備え訓練 大型排水ポンプ車など出動

排水ポンプ車(奥)を使った排水訓練=関西国際空港で2019年7月22日午前10時58分、幾島健太郎撮影

 昨年9月の台風21号により滑走路などが浸水した関西国際空港で22日、本格的な台風シーズンに備えた排水訓練があった。関空の国際貨物地区に甚大な浸水があったとの想定。運営会社「関西エアポート」が今年新設した「特別災害対策隊」の隊員が、今季導入された大型排水ポンプ車を出動させた。

 被災後に同社が作成した新事業継続計画(…

この記事は有料記事です。

残り140文字(全文298文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 東京と北海道で高齢者死亡 相模原、長野、愛知などで新たに15人感染

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです