第90回都市対抗野球

JR東、終盤に粘り /東京

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【NTT西日本-JR東日本】四回裏JR東日本2死二塁、近森の右前打で丸子が本塁を突くもアウト(捕手・辻本)=東京ドームで、久保玲撮影
【NTT西日本-JR東日本】四回裏JR東日本2死二塁、近森の右前打で丸子が本塁を突くもアウト(捕手・辻本)=東京ドームで、久保玲撮影

 第90回都市対抗野球大会第9日の21日、都勢は10年連続22回目の本大会出場となった東京都・JR東日本が東京ドームで3回戦に臨み、大阪市・NTT西日本に3-6で敗れた。終盤に粘りを見せ、大城悠也の適時二塁打などで追い上げたが、及ばなかった。都勢は4チーム中3チームが3回戦で姿を消した。残る東京都・NTT東日本は22日、第1試合(午前10時開始予定)で大阪市・日本生命と8強入りを懸けて戦う。【川村咲平】

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文824文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい