メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019参院選かながわ

「改憲勢力」3議席 政権批判勢い欠く(その1) /神奈川

当選確実の報を受け、万歳する島村氏(中央)=横浜市中区で21日午後8時11分

 第25回参院選は21日投開票され、14人が立候補した神奈川選挙区(改選数4)の当選者が決まった。自民現職の島村大氏(58)がトップで再選を果たし、自民の推薦を受けた公明現職の佐々木さやか氏(38)も再選。与党候補が2議席を確保した。野党は安倍政権批判の受け皿となった立憲現職の牧山弘恵氏(54)が3選。維新現職の松沢成文氏(61)が前知事の知名度を生かし、再選を決めた。2013年の参院選と同じ顔ぶれで、「改憲勢力」が3議席を占める結果となった。神奈川選挙区の投票率は48・73%で、前回の55・46%を下回った。【参院選取材班】

この記事は有料記事です。

残り2257文字(全文2523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里氏を立件へ 夫の克行前法相と選挙で買収・共謀容疑 検察当局

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 検察は黒川氏以外にも賭けマージャンをした者がいるか徹底的に調査せよ

  5. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです