メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
2019参院選

(その1) 公明底力・高橋氏が初当選 前回に続き自公維が制す /兵庫

当選確実の一報を受け、支援者と共に万歳する公明党新人の高橋光男氏=兵庫県神戸市中央区の事務所で2019年7月21日午後10時51分、生野由佳撮影

 第25回参院選は21日投開票され、兵庫選挙区(改選数3)では、日本維新の会現職、清水貴之氏(45)が再選を果たし、いずれも新人で公明党の高橋光男(42)、自民党の加田裕之(49)両氏が初当選を飾った。2016年の前回選でも3党が議席を獲得しており、兵庫選挙区の6議席全てを改憲勢力が占めることになった。立憲民主党、共産党はそれぞれが候補を擁立したことで政権批判票が割れ、「非改憲勢力」は3回連続で議席を獲得できなかった。当日有権者数は460万3272人。投票率は48・60%だった。【参院選取材班】

この記事は有料記事です。

残り1748文字(全文1998文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  4. ヒマワリ 200万本、黄色の海 八戸 /青森

  5. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです