メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化審答申

県庁本庁舎含む建造物3件、国登録有形文化財に /島根

島根県庁舎(中央)と隣接する議事堂。右は松江城=撮影SATO PHOTO、同県提供

 国の文化審議会は19日、戦後モダニズム建築の機能美が特徴の県庁本庁舎と議事堂、第三分庁舎(いずれも松江市殿町)を国登録有形文化財とするよう文部科学相に答申した。県は今後、見学会などを開いて魅力を発信する。31日から8月2日まで県庁本庁舎1階ロビーで模型などの展示を行う予定。

 本庁舎と議事堂は1956(昭和31)年に当時の木造庁舎が失火で焼失した後、邑南町出身の安田臣(かたし)(1911~77年)が設計し、59(昭和34)年に完成した。1階の柱の…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  2. 青森・八戸で女児が見知らぬ男に首切られる 防犯カメラに男の姿

  3. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  4. 10年前の強姦容疑で男逮捕 海外渡航で時効2カ月延び 神奈川県警

  5. インスリン使わぬ1型糖尿病治療法 名大グループが発見 臨床応用へNPO資金提供

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです