メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選2019

永江氏が初当選 暮らしの底上げ誓う /愛媛

支援者に囲まれ、笑顔を見せる永江孝子氏(中央)=松山市で2019年7月21日午後8時23分、花澤葵撮影

 21日投開票された参院選愛媛選挙区(改選数1)は、野党が統一して支援した無所属新人の永江孝子氏(59)が、自民新人のらくさぶろう氏(54)=公明推薦=と、諸派「NHKから国民を守る党」新人の椋本薫氏(45)を破り、初当選した。事実上の与野党一騎打ちを制し、2009年から1期3年務めた衆院議員時代以来、7年ぶりの国政復帰となった。自民以外が勝利したのは07年以来12年ぶりで、前回惜敗した永江氏が雪辱を果たした。在外分を含む当日有権者数は116万1978人(男54万3173人、女61万8805人)。【花澤葵、木島諒子】

この記事は有料記事です。

残り988文字(全文1249文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 横浜市長「IR誘致、ぼろくそに言われている」 市内会合でこぼす

  2. 社説 抗生剤のリスク 安易な使用は見直したい

  3. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  4. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  5. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです