宇宙シンポ

21年・別府で、開催決定 30カ国延べ1万人来県 /大分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 世界の宇宙工学などの研究者が一堂に会して研究発表や討論を行う「第33回宇宙技術および科学の国際シンポジウム」が2021年に県内で開催されることが決まった。日本航空宇宙学会などが主催している。

 県観光政策課によると、同シンポジウムは1959年に初開催され、63年からは隔年で開催されている。国内の科学…

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文307文字)

あわせて読みたい

注目の特集