2019参院選

首相、改憲なお強気 勢力の再編も視野 「3分の2」届かず、国民に秋波

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
当選確実となった候補者の名前に花をつけた後、岸田文雄政調会長(右から4人目)ら自民党幹部と共に席に着く安倍晋三首相(同2人目)=東京都千代田区で2019年7月21日午後9時58分、滝川大貴撮影
当選確実となった候補者の名前に花をつけた後、岸田文雄政調会長(右から4人目)ら自民党幹部と共に席に着く安倍晋三首相(同2人目)=東京都千代田区で2019年7月21日午後9時58分、滝川大貴撮影

 参院選で、自民、公明両党と日本維新の会などの「改憲勢力」は憲法改正の発議に必要な3分の2の議席にわずかに届かなかった。ただ、安倍晋三首相(自民党総裁)は引き続き改憲を目指す姿勢を表明した。国民民主党の一部など改憲に前向きな勢力を取り込み、改憲勢力の再編を狙う構えだ。【竹内望、立野将弘】

この記事は有料記事です。

残り4339文字(全文4483文字)

あわせて読みたい