メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港

43万人がデモ 若者ら、中国出先機関包囲

デモ隊に向けて催涙弾が発射され、あたりにガスが充満した=香港・上環で2019年7月21日午後10時31分、福岡静哉撮影

 「逃亡犯条例」改正案に対する反対運動が続いている香港で21日、再び大規模なデモがあり、約43万人(主催者発表)の市民が参加した。この日は、警察の「暴力」を究明する独立調査委員会の設置を要求の柱に据えた。デモ隊の一部は中国の出先機関である「香港連絡弁公室」を取り囲み、正面玄関などに中国政府への批判を書いて回った。

 デモ参加者は香港中心部のビクトリア公園を出発。逃亡犯条例改正案の「完全撤回」や民主的な選挙制度の実…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文686文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. 柵なく、警備員1人で誘導 マンホールから頭出し車接触、男性死亡 愛知・刈谷

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 「いつもより飲める」「働き方改革は…」 大阪・御堂筋線で2時台まで終電延長実験

  5. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです