メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水泳

世界選手権 競泳400リレー 男女五輪切符

女子400メートルリレー予選で、全体5位で決勝進出を決め東京五輪の出場枠を獲得して喜ぶ大本(右)、青木智(中央)、佐藤(中央左)、白井(左下)=宮武祐希撮影

 水泳の世界選手権第10日は21日、韓国・光州で競泳が始まり、女子400メートルリレー決勝で日本(青木智、佐藤、白井、大本)は3分36秒79で7位に入った。予選で3分36秒17の日本新記録をマークした。男子400メートルリレー予選は日本(中村、塩浦、松元、難波)が3分14秒16の9位で敗退した。男女ともに上位12位までに与えられる東京五輪の出場枠を獲得した。

 女子200メートル個人メドレー準決勝では大本里佳(イトマンSS)が5位、2017年世界選手権銀メダルの大橋悠依(イトマン東進)が6位で22日の決勝へ進んだ。男子100メートル平泳ぎ準決勝では小関也朱篤(ミキハウス)が58秒89の全体の4位で決勝進出。アダム・ピーティ(英国)が56秒88で自身の世界記録を更新した。

この記事は有料記事です。

残り1356文字(全文1694文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです