メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大雨

九州北部、冠水相次ぐ 佐賀、倒木と車が衝突し11歳死亡

 台風5号に向かって暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で、九州北部は20日から21日にかけて大雨となった。福岡県久留米市や佐賀県鳥栖市では24時間あたり300ミリを超える観測史上最大の雨量を記録し、床上浸水や道路などの冠水が相次いだ。九州北部の大雨はピークを越えたが、雨で地盤が緩んでいるため、気象庁は引き続き土砂災害への警戒を呼び掛けている。

 気象庁によると、九州北部で積乱雲が重なって局地的な大雨をもたらす「線状降水帯」が発生。24時間の雨…

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文693文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 停電続く千葉・館山と南房総市に大雨で避難勧告

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  5. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです