特集

日本国憲法

日本国憲法は、1947年の施行から74年を迎えました。改憲手続きや、内容を巡る議論を追います。

特集一覧

改憲勢力、参院3分の2届かず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 第25回参院選で、与党の自民、公明両党と憲法改正に前向きな日本維新の会などの「改憲勢力」が、改憲の国会発議の条件である参院の3分の2(164議席)を割り込むことが確実になった。開票状況や毎日新聞の情勢取材などによると、改憲勢力の今回の獲得議席は、3分の2の維持に必要な85議席に届かない見通しだ。

 改憲の国会発議には衆参両院で3分の2の議席が必要。改憲勢力は衆院で3分の2を保持している。

 しかし今回の参院選では、主要野党が候補者を一本化した全国32の1人区(改選数1)などで、与野党が激戦を展開。改憲勢力は2016年の前回参院選の結果で確保した3分の2を維持できなかった。

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文615文字)

【日本国憲法】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る