香港デモ、中国出先機関に初の抗議、庁舎汚す 中国が強く非難

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
中国の出先機関「香港連絡弁公室」の正面玄関上部にある中国の国章は、黒い液体で汚されていた=香港で2019年7月21日午後8時18分、福岡静哉撮影
中国の出先機関「香港連絡弁公室」の正面玄関上部にある中国の国章は、黒い液体で汚されていた=香港で2019年7月21日午後8時18分、福岡静哉撮影

 「逃亡犯条例」改正案に反対する若者らが21日夜、一連のデモでは初めて中国政府の施設に直接、抗議活動を展開した。中国政府は強く非難しており、香港政府に対してこれまで以上に厳しく若者らを取り締まるよう迫る可能性がある。香港では28日にもデモが予定されている。

 21日夜は若者らが中国政府の出先機関「香港連絡弁公室」の庁舎を取り囲み、抗議活動を展開。正面玄関付近に中国を侮辱する言葉などを殴り書きし、入り口に掲げられた中国の国章を黒いペンキとみられる液体で汚した。若者らは同弁公室の前で、民主的な選挙制度の実現…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文634文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集