メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン核「プロの検証」に心を砕き…天野之弥IAEA事務局長を悼む

イラン核交渉が行われたウィーン市内のホテル前で、記者団の質問に答えるIAEAの天野之弥事務局長=2015年7月4日、坂口裕彦撮影

 昨年5月、トランプ米政権がイランとの核合意から一方的に離脱し、核兵器開発の危険性を声高に訴え始めた時、2010年春から4年間、ウィーンで取材した天野之弥さんの顔が浮かんだ。日本人初の国際原子力機関(IAEA)事務局長として核開発疑惑に最も肉薄しながら、困難な交渉の末にようやく結ばれた合意を最も喜び、履行状況を確認してきただけに、その心中は穏やかではなかったはずだ。

 「核の番人」と呼ばれるIAEAは、核兵器を独占しながら核拡散の危険性を強調する米欧などと、平和的な…

この記事は有料記事です。

残り852文字(全文1086文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. ファミマ店員がコンビニ納税を着服 手続き後に取り消す 8件で12万円 石川

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです