メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

東海道新幹線の全区間、一時運転見合わせ 静岡で大雨

東海道新幹線(N700A)=東京都港区で2019年5月23日、米田堅持撮影

[PR]

 22日午後8時50分ごろ、東海道新幹線は掛川―浜松間の上下線で運転を見合わせた。JR東海によると、静岡県袋井市に設置した雨量計が規制値(1時間あたり60ミリ以上)に達したため。運転見合わせはその後、東京―新大阪間へと拡大したが、同日深夜に運転を再開した。

 同社によると、この影響で、のぞみ54号(博多発東京行き)が静岡駅を約3時間遅れで発車したのを最大に、東海道新幹線の上下線計36本に遅れが出た。影響人員は約2万5000人。

 気象庁はこの日、西日本と東日本の広い範囲で局地的に落雷や激しい降雨の恐れがあるとして、河川の氾濫や浸水、土砂災害に注意するよう呼び掛けており、新幹線などへの影響は23日も続く可能性がある。【三股智子】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ひびき」が民事再生法申請 みそだれのやきとり「ひびき庵」運営

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 後輩球児の全力プレーに「熱男」も声援 中京学院大中京OBのソフトバンク松田

  4. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  5. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです