メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋場所優勝の鶴竜、一夜明け「良い目覚めだった」

優勝パレードで集まったファンに手を振る鶴竜(右)と豊ノ島=ドルフィンズアリーナで2019年7月21日、大西岳彦撮影

 大相撲名古屋場所で7場所ぶり6回目の優勝を果たした横綱・鶴竜(33)=井筒部屋=が22日、名古屋市内で記者会見し、「あまり寝られなかったが、良い目覚めだった」と改めて喜びをかみしめた。

 名古屋場所前は腰を痛め、万全の状態ではなかった。5日目までは痛み止めの薬を服用しながら土俵に上がったという。「優…

この記事は有料記事です。

残り174文字(全文324文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  2. 五輪特需見込む スナック、キャバクラなど営業延長 警視庁検討

  3. DeNAの筒香、レイズ入りへ 2年総額で約1200万ドル

  4. 用水路の水、ぜんぶ抜こうとしたら…ブラックバス釣り人から抗議殺到 茨城・潮来

  5. テレ東「池の水ぜんぶ抜く」 東日本大震災での護岸崩壊も判明 茨城・潮来

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです