メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「野生絶滅」に分類されたクニマス=秋田県仙北市で2017年6月14日、山本康介撮影

[PR]

 体長たいちょうやく30センチメートルのサケさかなで、みずうみふかいところできます。国際自然保護連合こくさいしぜんほごれんごう(IUCN)は、本来ほんらい生息地せいそくちでは生存せいぞんしない「野生絶滅やせいぜつめつ」と判断はんだんしました。

     もともと秋田県あきたけん田沢湖たざわこだけにすむさかなでした。日本政府にっぽんせいふは1930ねんだい水力発電すいりょくはつでんのため、田沢湖たざわこちかくの玉川たまがわみずみました。玉川たまがわみずつよ酸性さんせいだったためクニマスは死滅しめつしました。しかし、2010ねん山梨県やまなしけん西湖さいこ発見はっけんされました。玉川たまがわみずまえ田沢湖たざわこのクニマスのたまご全国各地ぜんこくかくちみずうみ移殖いしょくするこころみがあり、西湖さいこらないうちにそだっていました。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

    2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

    3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

    4. 須磨海浜水族園、民営化で小中生入場料3倍超え 市民「高過ぎ」署名活動

    5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです