メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

巨人、広島に今季初同一カード3連敗 原監督悲痛「ちょっと休んで頑張ります」(スポニチ)

[PR]

 ●巨人1−2広島○(21日・マツダ)

     巨人は広島にサヨナラ負けを喫し、今季ワーストタイで2度目の4連敗。延長10回1死満塁でマシソンが鈴木に打たれ、原監督は「もう1本が出なかった。向こうにもう1本が出たというところでしょうね」と淡々と話した。

     勝負手も実らなかった。同点の9回1死から四球で出塁した岡本に代走・増田大を送った。満塁と好機を拡大すると代打攻勢。しかし、阿部と陽岱鋼(ヨウダイカン)が連続三振に倒れた。阿部は「何とか前に飛ばしたかった」と悔しがった。今季初の同一カード3連敗。原監督は「明日(22日)ちょっと休んで頑張ります」と約1分で自ら会見を切り上げた。広島戦は4勝9敗1分けとリーグで唯一負け越し。それでも2位と7ゲーム差の独走態勢は変わらない。(青森正宣)(スポニチ)

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

    2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

    3. 「異議あり」が届く国会に

    4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

    5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです