メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

ガラス自体のUVカット機能は経年劣化する! 夏を快適にするクルマのウインドウフィルムの貼り方選び方

情報提供:カートップ

ガラス自体のUVカット機能は経年劣化する! 夏を快適にするクルマのウインドウフィルムの貼り方選び方

着色ガラスの上からフィルムを貼る際は透過率に注意!

 最近では純正でも着色ガラスが採用されていて、ウインドウフィルムを貼ることは減ってきているかもしれない。ガラス自体にもUVカット機能がプラスされているが、じつはその効果は年々薄れていく。そこでウインドウフィルムをうまく使うことで、夏のドライブをさらに快適にできたりする。今回はウインドウフィルムの選び方のポイントを紹介しよう。

1)透過率

 透過率とは正確には可視光透過率と呼び、フィルムの濃さを表している。文字どおり、光がどれぐらい通過するかを示すもので、透明になるほど数値は大きくなるし、逆に数値が小さいと濃くなる。

 法律的には、前席まわり。つまりフロントと前席の両サイドは70%以上で、後席まわりはどんなに濃くてもOK。極端な場合0%でも車検は通る。

ウインドウフィルム

 注意したいのは輸入車。ガラスに薄く色が付いているものがあり、そこにフィルムを貼ると、合算して70パーセント以上にならない場合があること。知らないで貼ったとしても当然剥がさなくてはならないだけに、フィルムを選ぶ際には気をつけたい。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. 男子3位の大迫傑「完敗。悔しい。最低でも2番と考えていて、中途半端」 MGC

  3. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  4. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  5. 千葉停電 被災者「あきれた」「県外避難も」 東電説明二転三転

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです