メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

ライバルメーカー同士がガチで挑発しあった! 今ではありえない強気な名車キャッチコピー5選

情報提供:カートップ

ライバルメーカー同士がガチで挑発しあった! 今ではありえない強気な名車キャッチコピー5選

いまなお語り継がれる過激なキャッチコピーが乱舞

 ひと昔前まで、ライバル関係にある車種同士のキャッチコピーは非常に過激なものが多かった。明確に相手の車名こそ出していないが、見る人が見ればすぐにどの車種を指しているかは明らかだったのだ。

 最近では消費者庁が景品表示法第5条において、「自己の供給する商品・サービスの内容や取引条件について、競争事業者のものよりも、著しく優良又は有利であると一般消費者に誤認される表示などを不当表示として規制」しており、そう指摘されかねない比較広告は鳴りを潜めてしまったが、今回はそんな強気だったころのキャッチコピーを振り返ってみたい。

1)名ばかりのGT達は、道をあける(2代目セリカ)

 1977年に登場した2代目セリカが79年にマイナーチェンジを実施したときのコピーがこれだった。ここでいう「名ばかりのGT」とは、当時「GT」を名乗りながら、昭和53年排出ガス規制の影響でシングルカムエンジンしか設定のなかったスカイライン(5代目)を指している。

キャッチコピー

 さらに「ツインカムを語らずに、真のGTは語れない」という煽り文句も追加する念の入れようだった。もちろんセリカにはツインカムエンジン搭載グレードが設定されており、その違いを指したコピーというわけだ。

2)今、スカイラインを追うものは誰か(5代目スカイライン)

 もちろん日産も黙ってそれを見ていたわけではない。1980年にターボエンジンを搭載したグレードを追加し、最高出力でセリカを上まわったことで、上記のコピーをテレビコマーシャルで使用し、ターボの設定がなかったセリカのことを逆に挑発したのである。

キャッチコピー

 すると今度はセリカが3代目でツインカムターボを設定し、対する日産は6代目スカイラインで190馬力を発生する2000ターボRSを出すという風にしばらくライバル関係が続いたのだ。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本テレビ「ZIP!」で誤って「栃木県警本部長 窃盗で逮捕」とテロップ

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです