メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あした元気になあれ

「国に帰れ」の記憶=小国綾子

「国に帰れ」発言が論議を呼んでいるトランプ米大統領=東京都港区の米国大使公邸で5月25日、手塚耕一郎撮影

 トランプ米大統領が4人の非白人女性議員に投げつけた「国に帰れ」発言は、これまでの彼のどんな暴言よりもショックだった。家族で米国に暮らしていたころの記憶がよみがえったから。

 移民向けの英語教室に、ある朝、中米出身の若い女性が半泣きで現れた。高齢の白人女性に誤って車をぶつけられたうえ、金切り声でこうなじられたという。「私のせいじゃない。国に帰りなさい。警察を呼ばれて困るのはあなたでしょ」

 中米出身の女性はつたない英語で経緯を話し終えると、「『ビザに問題はないし警察を呼んでもらって結構よ…

この記事は有料記事です。

残り705文字(全文949文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  3. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 3分でわかる政治の基礎知識 秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです