メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
読書日記

著者のことば 城戸久枝さん 残留孤児の体験を子に

『じいじが迷子なっしゃった』の著者、城戸久枝さん=東京都千代田区で、栗原俊雄撮影

 ■じいじが迷子になっちゃった あなたへと続く家族と戦争の物語 城戸久枝(きど・ひさえ)さん 偕成社・1728円

 中国残留孤児である父親の体験をつづったノンフィクション「あの戦争から遠く離れて 私につながる歴史をたどる旅」(2007年、現在は新潮文庫)を基に子ども向けに執筆した。文章は原著のおよそ6分の1、小学校高学年以上が対象だが、大人にとっても現代史への入門書となる。

 父の城戸幹さんは、第二次世界大戦末期の混乱により旧満州(現中国東北部)で一人残される。3歳。中国人…

この記事は有料記事です。

残り675文字(全文912文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  4. チャゲアス脱退のASKAさんコメント全文

  5. らっこ・アーティスト Chage でこぼこ道でも未来へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです