メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

LGBTドラマブームの裏に生きづらさ? 「普通」求めてもがく姿に共感

「腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。」のワンシーン=NHK提供

 うっかり見始めたら、ハマった--。そんな感想が漏れるドラマが相次いで放送された。いずれも性的少数者(LGBTなど)が登場し、日常生活や恋愛を描いた。インターネット上には放送終了を惜しむ書き込みがあふれている。なぜ視聴者は「ロス」に陥るほどのめり込んだのだろう。【鈴木美穂】

 これはブームといっていいのではないか。昨年、同性愛を取り上げた「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)が大ヒット。さらに今年4~6月には中年男性カップルの同居生活を描いた「きのう何食べた?」(テレビ東京系)や、「腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。」(NHK)が放送された。腐女子とは、男性同士の恋愛(ボーイズラブ)が好きな女性のこと。ゲイだけでなく、レズビアンを取り上げたドラマも制作された。

 この流れの中で、専門家は「役どころ」の変化に注目する。ドラマ解説者の木村隆志さんは「かつてLGBTは『脇役』として登場するのがほとんどでした。でも最近は主人公に据えるドラマが増えています。しかも、かつては型破りな言動をする役が目立ちましたが、今はLGBTを殊更に特別視していないことが特徴です」と説明する。

この記事は有料記事です。

残り2342文字(全文2828文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 持続化給付金の差し押さえ認めず 「事業継続支えるのが目的」 神戸地裁伊丹支部

  3. 企業の従業員向けバスを「市民の足」に 実証実験スタート 静岡・湖西

  4. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  5. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです