メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

LGBTドラマブームの裏に生きづらさ? 「普通」求めてもがく姿に共感

「腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。」のワンシーン=NHK提供

 うっかり見始めたら、ハマった--。そんな感想が漏れるドラマが相次いで放送された。いずれも性的少数者(LGBTなど)が登場し、日常生活や恋愛を描いた。インターネット上には放送終了を惜しむ書き込みがあふれている。なぜ視聴者は「ロス」に陥るほどのめり込んだのだろう。【鈴木美穂】

 これはブームといっていいのではないか。昨年、同性愛を取り上げた「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)が大ヒット。さらに今年4~6月には中年男性カップルの同居生活を描いた「きのう何食べた?」(テレビ東京系)や、「腐女子、うっかりゲイに告(コク)る。」(NHK)が放送された。腐女子とは、男性同士の恋愛(ボーイズラブ)が好きな女性のこと。ゲイだけでなく、レズビアンを取り上げたドラマも制作された。

 この流れの中で、専門家は「役どころ」の変化に注目する。ドラマ解説者の木村隆志さんは「かつてLGBT…

この記事は有料記事です。

残り2446文字(全文2828文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  3. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

  4. 女の気持ち たった一つの実 山口県光市・初田照子(85歳)

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです