メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界平和パゴダ

守れ、平和見守る塔 門司・ビルマ戦没者慰霊の寺院、国文化財目指し調査

 北九州市門司区にある国内唯一の本格的なミャンマー式仏教寺院「世界平和パゴダ」。門司港を見守る金色の仏塔の国の登録有形文化財への登録を目指すプロジェクトが動きだしている。パゴダの運営を支える奉賛会(佐久間進会長)の依頼で大学による調査も進んでおり、登録で光を当てて観光客を呼び込み、建物の維持管理費の調達にもつなげたい考えだ。

 パゴダは1958年、第二次大戦中のビルマ(現ミャンマー)で戦没した兵士らの慰霊などのため、当時のビルマ政府仏教会と地元有志が建立。出征兵士を送り出した門司港を見下ろすめかり山頂がその地に選ばれた。建設は帰還兵らの意見を取り入れながら進められたが、設計図は残っていない。

この記事は有料記事です。

残り601文字(全文899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇都宮のコンビニで女性刺され重体 店員か

  2. 国は我々の死を待っているのか 「黒い雨」訴訟原告 怒りと落胆

  3. 御巣鷹墜落事故で救出、今は3児の母に 川上慶子さんの伯父が振り返る35年

  4. 宇都宮のコンビニで45歳刺され死亡 刺した男は自分も刺し負傷

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです