メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

門真国際映画祭

美しきイラン、映像世界 大阪の映画祭に200作品応募 制裁配慮し出品料免除

出品されたイランの短編映画「Rotten(外道)」の1シーン。たき火の映像が美しい=門真国際映画祭提供

 大阪府門真(かどま)市で24日に始まる「門真国際映画祭2019」で、米国の経済制裁下にあるイランから作品の応募が相次ぎ、関係者を驚かせている。きっかけは制裁で映画の製作が打撃を受けている現状を考慮し、出品料を免除したこと。地方映画祭では異例の約200作品が同国から殺到した。うち10作品が上映される予定で、主催者は「日本もイランも映画人が作品に懸ける思いは同じ。応援したい」としている。【前本麻有】

 同映画祭は地域活性化の一環で、非営利団体「門真フィルムコミッション」が昨年から開催。今年は初めて海…

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文1003文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  4. さいたま小4殺害 父親の逮捕状請求へ 死体遺棄容疑 埼玉県警

  5. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです