メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選2019

保守地盤、強さ示す 野党共闘の課題露呈 /青森

当選から一夜明け、会見に臨む滝沢求氏=青森市の事務所で

 21日に投開票された参院選で、青森選挙区では自民現職の滝沢求氏(60)が、野党統一候補で立憲民主新人の小田切達氏(61)との事実上の一騎打ちを制し、再選を果たした。野党は野党共闘により勝利を収めた2016年の前回選の再現はならず、県内の保守地盤の強さを見せつけられる結果となった。17日間の選挙戦を振り返る。【井川加菜美、岩崎歩】

この記事は有料記事です。

残り1497文字(全文1663文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  3. 「桜を見る会」前夜祭は5000円で足りたのか 相場の半額…首相側の負担は?

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 王将戦リーグ 藤井七段が久保九段破り首位タイ 19日に挑戦権かけて広瀬竜王戦

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです