メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選2019

「生活密着」訴え奏功 石垣氏、仙台以外も支持拡大 /宮城

自身の当選を報じる新聞に目を通す石垣のりこ氏=仙台市宮城野区榴岡4の事務所で

 21日に投開票された参院選宮城選挙区(改選数1)は与野党による激しい接戦の末、野党統一候補として立候補した立憲民主新人の石垣のりこ氏(44)が、4選を目指す自民現職の愛知治郎氏(50)をわずか得票率1ポイント差で降し初当選を決めた。5月に出馬表明した石垣氏だったが、生活に密着した訴えで急速に支持を拡大し、3期18年の実績を誇る愛知氏に競り勝った。【吉田勝、遠藤大志、滝沢一誠】

この記事は有料記事です。

残り1470文字(全文1660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 氷バケツ運動のピート・フレーツさん死去、34歳 ALSで闘病生活

  2. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  3. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  4. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

  5. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです