メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

とちぎキャンパる

ブランド確立へ結集 真岡で来年3月、いちごサミット 仁平映夫さん、井沢麻里絵さん /栃木

いちごの魅力について熱心に語る、真岡市いちごサミット推進室の仁平さん(右)と井沢さん=同市役所で

推進室次長・仁平映夫さん、主査・井沢麻里絵さん

 いちごの生産量日本一を誇る真岡市で、来年3月14、15日に「全国いちごサミット」が開催される。サミットでは、いちごを生産する全国の主要産地関係者らが、同市に結集する。日本のいちごブランドの地位を確立し、国内のいちご産業の持続的な発展と消費拡大を目指す。サミットを主催する同市いちごサミット推進室次長の仁平映夫さん(48)と、同室主査の井沢麻里絵さん(31)にその狙いを聞いた。【「全国いちごサミット」取材班】

この記事は有料記事です。

残り2684文字(全文2912文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. こんぴらさん名物「石段かご」26日に終了 担ぎ手高齢化「苦渋の決断」

  2. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  3. 首相の地元を歩く 「安倍か林か選べ」 下関で苛烈な自民の政争 「桜」前夜祭の参加者倍増を招いた市長選

  4. 「この世界の片隅に」新作 すずとリンの会話が表す「家制度」「貧困」

  5. 大津の園児死傷事故、判決言い渡しが異例の延期 弁護側「被告の体調厳しい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです