メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くりくり少年野球

「最高の笑顔で感謝」 中央ポロリーズ・池上主将が宣誓 埼玉で開幕 /東京

元気に入場行進する足立代表の扇ターキーズ=埼玉県所沢市のメットライフドームで

 第41回くりくり少年野球選手権大会(毎日新聞社、くりくり少年軟式野球連合会主催、西武鉄道、TBSテレビ、スポーツニッポン新聞社、全日本軟式野球連盟後援)が22日、埼玉県所沢市のメットライフドームで開幕した。東京、埼玉を中心に10都道県の40チームが出場、25日まで熱戦を繰り広げる。

 今大会から、出場機会の少ない地区から選ぶ「21世紀枠」が設けられた。

 大会会長の丸山雅也・毎日新聞東京本社代表は「歴史と伝統を引き継ぎ、令和の少年野球に新たな一歩を刻みつけてください」とあいさつした。

この記事は有料記事です。

残り1082文字(全文1325文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「大阪都構想」とは何だったのか 市民の分断招いた住民投票 辻陽・近畿大教授に聞く

  3. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  4. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  5. 呼吸困難や倦怠感…実は深刻なコロナ後遺症 病院で相手にされず 医師「国は対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです