メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2019参院選

激戦の裏側/上 「よそ者感」払拭、4万票差勝利 共闘立て直し、支持固め /新潟

晴れやかな笑顔で道行く人に手を振る打越氏=新潟市中央区東大通で

 「ともにさく政治、誰ひとり取り残さない政治のため、全力を尽くします」。参院選新潟選挙区(改選数1)で初当選を果たした無所属新人の打越さく良(ら)氏(51)は当選から一夜明けた22日、JR新潟駅近くの交差点に立ち、晴れ晴れとした表情で通勤客らに手を振った。

この記事は有料記事です。

残り1390文字(全文1518文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  2. 「悔しくて仕方ない」「一緒に仕事、人生の宝」中村哲さん銃撃死 今も慕う人びと

  3. 中村哲医師殺害 政府、襲撃情報を把握 中村医師も警戒 アフガン

  4. 「憲法9条なくては日本でない」 「豊かさの考え変えないと」 中村哲さんの言葉

  5. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです