メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選2019

激戦を振り返る 野党激突、共闘に影響も /静岡

玉木雄一郎代表(左)は選挙戦最終日も榛葉賀津也氏の応援に駆け付けた=JR掛川駅前で20日

 参院選静岡選挙区(改選数2)は21日の投開票で、自民の牧野京夫氏(60)、国民民主の榛葉賀津也氏(52)の現職2人が議席を守った。2議席目を巡る榛葉氏と立憲民主新人の徳川家広氏(54)の野党同士の争いが注目された一方、トップ当選した牧野氏も6年前に比べて得票を減らす結果に終わった。選挙戦を振り返り、勝敗を分けたポイントを検証した。【山田英之、古川幸奈、高場悠】

この記事は有料記事です。

残り1687文字(全文1869文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 釜石で外国人観戦客が民泊 交流に笑顔

  3. 秋の高校野球 秋季北信越地区高校野球大会 きょう準決勝 ライブで中継 /石川

  4. プリンセス駅伝in宗像・福津 あす号砲 出場チーム紹介(その1)

  5. 全日本実業団女子出場権かけ28チーム激走 プリンセス駅伝20日号砲 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです