メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院選2019

西田氏、得票は自己最多 倉林氏、京都市で増原氏上回る /京都

 参院選京都選挙区で3選を果たした自民現職の西田昌司氏は、同じくトップ当選を果たした2013年より投票率が5・63ポイントも下がる中で逆に約3万1000票も増やし、自己最多の約42万1000票を獲得した。接戦の2議席目は共産現職の倉林明子氏が京都市全11行政区で立憲民主党新人の増原裕子氏を上回り、選挙区全体で約1万4000票の差をつけてかわした。

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文515文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  3. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです