メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
滑瀬遺跡

弥生後期のすずりか 板石の破片、府内初出土 泉南 /大阪

 泉南市の弥生時代の滑瀬(なめんじょ)遺跡で出土した板石の破片は、弥生時代後期(1世紀)のすずりの可能性が高いと福岡市埋蔵文化財課の久住猛雄(くすみたけお)主事が指摘した。5月に開催された考古学研究会岡山例会で発表した。

 久住氏によると、弥生時代から古墳時代前期のすずりは、これまでに北部九州を中心に50例以上確認されているが、府内で見つかるのは初めてで、現状では東限という。弥生時代の文字使用が西日本で広がっていた可能性を示す発見として注目されそうだ。

 滑瀬遺跡の石片は1985~86年度の調査で出土。長さ6・5センチ、幅2センチ、厚さ8ミリ。これまで…

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文900文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  3. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

  4. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  5. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです