メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出張書店

十津川の小学校で小説や絵本500冊 村内に本屋なく /奈良

熱心に本を読む十津川第一小の児童たち=奈良県十津川村で、萱原健一撮影

 本屋がない十津川村の村立第一小学校(児童数44人)で12日、小説や科学本、絵本などを購入できる「図書販売」が開かれた。最寄りの本屋は五條市や和歌山県新宮市まで車で1時間以上かかる村。子供たちは教室にずらりと並んだ本を手に取り、立ち読みに没頭したり、探していた本を見つけたりして、気に入った本を購入していた。

 移動販売しているのは、教科書や絵本を中心に取り扱う奈良市の新風堂書店。創業翌年の1976年に十津川…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文504文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に空いてなかった? 桜を見る会名簿廃棄「5月9日のシュレッダーの怪」を追う

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. 「桜を見る会」の飲食物提供を毎年受注 ジェーシー・コムサはどんな会社なのか

  5. 17歳少女を無免許運転で逮捕 同乗者4人死傷 福岡県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです