参院選

首相、改憲議論を加速 勝利「審判下った」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院選について記者会見で質問に答える安倍晋三首相=自民党本部で2019年7月22日、川田雅浩撮影
参院選について記者会見で質問に答える安倍晋三首相=自民党本部で2019年7月22日、川田雅浩撮影

 第25回参院選の開票作業が22日午後終了し、自民党は57議席、公明党は14議席を獲得し、与党で改選過半数の63議席を超えた。それを受け、安倍晋三首相(自民党総裁)は自民党本部で記者会見し、憲法改正について「少なくとも議論すべきだという国民の審判は下った」と野党に改憲議論を行うよう求めた。また、自らが掲げた「2020年改正憲法施行」について「今もその思いには変わりはない」と強調した。一方で、臨時国会を8月1日に召集すると表明した。【佐藤慶、立野将弘】

この記事は有料記事です。

残り694文字(全文921文字)

あわせて読みたい