メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

火論

「東京裁判」再びの夏=玉木研二

 <ka-ron>

 4時間37分の長編ドキュメンタリー映画「東京裁判」(1983年)がデジタル修復で画面、音をクリアにしてよみがえった。8月3日から東京のユーロスペースなど全国順次に公開される。

 敗戦翌年の46年5月から2年半にわたる東京裁判(極東国際軍事裁判)は戦争で指導的立場だったA級戦犯28人を起訴し、病気などによる免訴者を除き全員有罪、東条英機ら7人が死刑となった。「平和に対する罪」など後で作った戦争犯罪概念の不当や事実認定の強引さなどから、勝者が一方的に敗者を裁いたと批判も根強い。

 ただ、仮に(あり得なかっただろうが)この裁判がなく、事実解明と公表、処罰が日本の新政府に任されてい…

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文1032文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです