メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

香港デモ

中国、強く非難 出先機関包囲 取り締まり強化も

記者会見で暴力を非難する林鄭月娥行政長官=香港政府庁舎で2019年7月22日、福岡静哉撮影

 「逃亡犯条例」改正案に反対する若者らが21日夜、一連のデモでは初めて中国政府の施設に直接、抗議活動を展開した。中国政府は強く非難しており、香港政府に対してこれまで以上に厳しく若者らを取り締まるよう迫る可能性がある。香港では28日にもデモが予定されている。【香港・福岡静哉、北京・河津啓介】

 21日夜は若者らが中国政府の出先機関「香港連絡弁公室」の庁舎を取り囲み、抗議活動を展開。正面玄関付近に中国を侮辱する言葉などを殴り書きし、入り口に掲げられた中国の国章を黒いペンキとみられる液体で汚した。若者らは同弁…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 「中村さんを守り切れず悔しかったと思う」 銃撃で犠牲の警備員遺族が涙

  4. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  5. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです