メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

評伝

外圧受けバランス苦慮 IAEA天野事務局長死去

イラン核交渉が行われたウィーン市内のホテル前で、記者団の質問に答えるIAEAの天野之弥事務局長=2015年7月4日、坂口裕彦撮影

 昨年5月トランプ米政権がイランとの核合意から一方的に離脱し、核兵器開発の危険性を声高に訴え始めた時、2010年春から4年間、ウィーンで取材した天野之弥さんの顔が浮かんだ。日本人初の国際原子力機関(IAEA)事務局長として核開発疑惑に最も肉薄しながら、困難な交渉の末にようやく結ばれた合意を最も喜び、履行状況を確認してきただけに、その心中は穏やかではなかったはずだ。

 「核の番人」と呼ばれるIAEAは、核兵器を独占しながら核拡散の危険性を強調する米欧などと、平和的な…

この記事は有料記事です。

残り842文字(全文1075文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  4. どうする国民年金 (1)基礎年金生活者・単身女性に訪れる甘くない将来

  5. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです