トランプ米大統領

リベラルの環境政策「役立たず」 陣営、プラスチックストロー販売

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 2020年大統領選で再選を目指すトランプ米大統領の陣営が、プラスチック汚染対策として使用が進む「紙ストロー」に対抗し、「トランプ公式プラスチックストロー」の販売を始めた。環境汚染や地球温暖化対策を重視する野党・民主党を皮肉るもの。再利用可能をうたっているが、飲食店でプラ製ストローの提供を禁止する自治体が拡大するなかでの挑発的な行動に批判も上がる。

 紙ストローは18年から急速に普及が進む一方で、時間がたつと紙が溶けて飲みにくくなったり液体の味が変わったりするといった意見もある。民主党が掲げる環境対策を「経済成長を阻害する過剰な規制」と批判するトランプ陣営は、19日の支持者向けメールで「リベラル派の他の政策と同様に紙ストローは『役立たず』。すぐにバラバラになる」とこき下ろした。公式グッズを扱うウェブサイトで販売されるプラ製ストローは赤地に白の…

この記事は有料記事です。

残り239文字(全文614文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集