メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国

米産品の購入アピール 通商交渉前、軟化促す

 トランプ米政権との通商交渉本格化をにらみ、中国が米産品の購入拡大や市場開放を盛んにアピールしている。事態打開に前向きな姿勢を示すことで、米国側の軟化を促す狙いがあるとみられる。

 中国国営新華社通信は21日、中国企業が米国産農産物の購入準備に入ったと報じた。米輸出業者に価格の照会をしているほか、中国当局に対しても米国産農産物に課している追加関税を免除するよう求めた。当局側も申請内容を審査する専門家組織を設置したといい、前向きに対応している模様だ。

 トランプ米大統領は「中国が首脳会談で米国産農産物の購入を約束した」と主張し、ツイッターなどで繰り返…

この記事は有料記事です。

残り391文字(全文666文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  2. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  3. 小山慶一郎 情報番組復帰 10月からTOKYO MX「バラいろダンディ」(スポニチ)

  4. 水川あさみさんと窪田正孝さんが結婚「にぎやかで面白い家庭を」

  5. ORICON NEWS AAA西島隆弘が千葉県で復興支援 物資の搬送や写真撮影にも応じる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです