メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

トルコの踏み出しと対米摩擦=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

田中直毅 国際公共政策研究センター理事長

 トルコを巡る情勢の動きが急だ。第一はロシア製地対空ミサイルS400の導入だ。25億ドル(約2700億円)の購入だが、67年間、北大西洋条約機構(NATO)の一員であるトルコの決定は米国にとって衝撃だ。これで最新鋭ステルス戦闘機F35の共同開発計画からトルコは除外される。

 F35を矛とすればS400は盾で、矛の能力査定がロシアになされる恐れがあるようでは、米国側にとって矛盾そのものだ。ロシアの国防部門との重大な取引を制裁対象とする2017年の米国法に基づき、米国によるトルコ制裁の開始がなされることになろう。

 エルドアン大統領はなぜここまで踏み込んだのか。3年前のトルコでのクーデター騒動の3週間後、ロシアのプーチン大統領はサンクトぺテルブルクの宮殿にエルドアン氏を招いた。両国間の協力促進のためで、このときS400供与の話題が出た。これに対し、苦境下にあるエルドアン政権へのオバマ米政権の対応は、さめたものだった。トルコはクーデターの背景に米国の影をみたとされる。

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議は問題あるが…それでも小林節氏が首相を糾弾する理由

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 「財研」記者日記 (1)財務省の花形ポスト「主計官」 喜怒哀楽に富む意外な素顔

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです