メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

トルコの踏み出しと対米摩擦=国際公共政策研究センター理事長・田中直毅

田中直毅 国際公共政策研究センター理事長

 トルコを巡る情勢の動きが急だ。第一はロシア製地対空ミサイルS400の導入だ。25億ドル(約2700億円)の購入だが、67年間、北大西洋条約機構(NATO)の一員であるトルコの決定は米国にとって衝撃だ。これで最新鋭ステルス戦闘機F35の共同開発計画からトルコは除外される。

 F35を矛とすればS400は盾で、矛の能力査定がロシアになされる恐れがあるようでは、米国側にとって矛盾そのものだ。ロシアの国防部門との重大な取引を制裁対象とする2017年の米国法に基づき、米国によるトルコ制裁の開始がなされることになろう。

 エルドアン大統領はなぜここまで踏み込んだのか。3年前のトルコでのクーデター騒動の3週間後、ロシアの…

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文729文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

  2. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 「キャバクラの方」はどこの推薦か 「桜を見る会」野党ヒアリング詳報4

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです