メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保法違憲訴訟

最高裁、差し戻し 「出動命令、可能性審理を」

 集団的自衛権の行使を認めた安全保障関連法に基づく防衛出動命令は憲法9条に反するとして、現役陸上自衛官の男性が国を相手に命令に従う義務がないことの確認を求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(山口厚裁判長)は22日、「訴えは適法」とした2審・東京高裁判決(2018年1月)を破棄し、審理を東京高裁に差し戻した。裁判官5人全員一致の意見。

 訴訟では「そもそも裁判で争うための要件を満たしているか」が争いとなった。

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文526文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです