メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

「藤原月彦」を読む=酒井佐忠

 いま藤原月彦の俳句を読むということは何を意味するのだろう。1970年代から6冊の句集を残し俳句界に衝撃を与えた。世紀末的都市の空気を全身で受けとめ、魔都・東京の繁栄と頽廃(たいはい)を俳句で表現した月彦の激しく、また絶望に満ちた言葉は、彼が俳句界から離れたいまも印象強く残されている。俳句とは何か。短詩型文学は文学たりうるのか。初めて刊行された『藤原月彦全句集』(六花書林)は、時代に共通の問いを投げかけている。

 <無花果(いちじく)も世界も腐爛(ふらん)する日夜><絶交の兄弟姉妹魔都の秋><いまはなき狼にたて…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文590文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  2. 食事取れず毎日チョコと酢 夫亡くした女性が経験談 過労死防止対策シンポ

  3. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で少年を緊急逮捕

  4. 刀を抜いた厚労省 公的病院再編問題

  5. 「桜を見る会」萩生田文科相、支援者の参加認める 推薦名簿の保存明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです