メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラインブレーク

ラグビーW杯日本大会 第4部 裏方ジャパン/3 プロ審判・久保修平さん

ラグビー日本代表の実戦形式の練習で主審を務める久保修平さん(左)=谷口拓未撮影

反則させない助言与え

 ラグビー日本代表の選手たちにルールへの理解を深めてもらおうと、実戦形式やポジション別の練習でアドバイスを送るプロの審判がいる。日本協会公認A級レフェリーの久保修平さん(38)だ。

 代表合宿に参加し、どのプレーが反則になるかを丁寧に伝えた。判断基準に疑問を感じた選手は、すぐに久保さんに質問した。プロップの稲垣啓太(パナソニック)は「その場で考えを聞ける。選手にとって気付きが多い」と利点を語った。

 「日本ラグビー界のため結果を出してもらいたい。私にできるサポートをする」と久保さん。自身はワールドカップ(W杯)日本大会の審判団(23人)に選ばれ、日本人審判として4人目のW杯デビューに向けてトレーニングしている。

この記事は有料記事です。

残り722文字(全文1039文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 持続化給付金の差し押さえ認めず 「事業継続支えるのが目的」 神戸地裁伊丹支部

  3. 企業の従業員向けバスを「市民の足」に 実証実験スタート 静岡・湖西

  4. 追い込まれたトランプ大統領 選挙不正訴え大演説 自身のFBに掲載

  5. ドコモ新料金プラン、20ギガバイトで月2980円 5分以内の国内通話も無料

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです