メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済財政白書 製造業の中国依存度増に警戒感

 内閣府は23日、2019年度の年次経済財政報告(経済財政白書)をまとめた。グローバル化が進む中、スマートフォンや半導体などの電子部品を中心に、日本の製造業の中国依存度が増していると指摘し「今後、米中の通商問題や中国経済の動向に留意が必要」と警戒感を示した。

 白書によると、日本の製造業の製品生産額のうち、中国国内の最終需要(消費や投資)によって生み出されたとみられる額が占める割合(中国依存度)は、スマートフォンなどの情報通信機器が05年の5.57%から、15年には14.42%に大幅アップし、電気機械(半導体などの電子部品を含む)も5.32%から10.24%に増えた。製造業全体では3.45%から7.42%に増加しで、情報関連の製品や部品で特に中国依存度が上昇していた。白書は「これらの生産は、グローバルバリューチェーン(供給網)を通じ、中国と密接に関連している」として中国経済の減速が日本経済のリスクになるとの見方を示している。

 また、中国から米国など海外に輸出される情報通信機器は、日本で生産された部品や素材が使われることが多…

この記事は有料記事です。

残り608文字(全文1075文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  2. 東名あおり運転控訴審 1審判決を破棄、地裁に差し戻し 「危険運転」は否定せず

  3. 東名あおり事故初公判 死亡夫婦の次女の供述「パパとママが死んでしまいました」

  4. 須磨海浜水族園、民営化で小中生入場料3倍超え 市民「高過ぎ」署名活動

  5. あおり運転 暴行容疑で男逮捕 ボンネットたたく 稲敷署 /茨城

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです