メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本海側最古の「化学合成貝」化石群集 推定1650万~1700万年前 富山で発見

富山市八尾町の黒瀬谷層から発見された日本海側最古の化学合成貝の化石=同町桐谷の八尾化石資料館海韻館で2019年7月22日、青山郁子撮影

 富山県古生物研究会(中川賢勇会長)は22日、富山市八尾町角間地域の黒瀬谷地層から、海底から噴き出すメタンや硫化水素をエネルギー源とする「化学合成貝」の化石群集が見つかったと発表した。1650万~1700万年前のものと推定され、日本海側で最古級という。今月出版された古生物の国際誌「パレオントロジカル・リサーチ」に掲載された。

 化学合成貝は深海の熱水噴出孔やメタン湧水域に生息。太陽光をエネルギー源とする一般的な生物とは違い、…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです