メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラム圏女性参加多様に 「報酬男女平等を」に共感 東京五輪前1年

 「五輪は世界を映す鏡」と言われる。戦後復興を発信した1964年東京五輪は「世界は一つ」を標語とし、一体感を醸成した。それから半世紀。成熟都市として迎える今大会は「多様性」を大会ビジョンの一つに掲げた。人種、性別、性的指向、宗教、政治、障害の有無など、あらゆる違いを肯定し、受け入れ、認め合うことが社会の進歩になると呼びかける。ビジョン通り、個性が輝く祭典とできるか――。東京五輪は開幕まで1年。大会の課題や準備状況をシリーズで検証する。【田原和宏、小林悠太】

この記事は有料記事です。

残り2572文字(全文2802文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 脳しんとうの力士が取り直し 土俵の安全性に警鐘 協会、初場所後に本格協議へ

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 警視庁担当記者が過激派「中核派」のアジトに入り、見た世界とは

  5. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです