メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラム圏女性参加多様に 「報酬男女平等を」に共感 東京五輪前1年

 「五輪は世界を映す鏡」と言われる。戦後復興を発信した1964年東京五輪は「世界は一つ」を標語とし、一体感を醸成した。それから半世紀。成熟都市として迎える今大会は「多様性」を大会ビジョンの一つに掲げた。人種、性別、性的指向、宗教、政治、障害の有無など、あらゆる違いを肯定し、受け入れ、認め合うことが社会の進歩になると呼びかける。ビジョン通り、個性が輝く祭典とできるか――。東京五輪は開幕まで1年。大会の課題や準備状況をシリーズで検証する。【田原和宏、小林悠太】

この記事は有料記事です。

残り2572文字(全文2802文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  4. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです