メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

混雑緩和対策前、通勤者で混雑する通路=東京都新宿区で2019年7月19日午前7時22分、宮間俊樹撮影

[PR]

 仕事しごとはじめる時間じかんはやめたりおくらせたりして、職場しょくば時刻じこくをずらすことです。通勤つうきんラッシュが問題もんだいになり、鉄道てつどうやバスなどの交通機関こうつうきかん混雑こんざつすくなくすることをおも目的もくてきおこなわれるようになりました。首都圏しゅとけん平日へいじつ鉄道てつどう利用りようするひとかずは1にち800万人まんにんとされ、五輪ごりん期間中きかんちゅうは1にちやく70万人まんにんがさらにくわわると予想よそうされています。トラブルが心配しんぱいされるため、本番ほんばんでの導入どうにゅうすすめられています。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

    2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

    3. 特集ワイド 新たな政界再編必要、真紀子節炸裂 私は「引退する」とは言ってない

    4. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

    5. 「事故起こし怖く…」ひき逃げ容疑で28歳会社員逮捕 3カ月乳児死亡 兵庫

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです