メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

混雑緩和対策前、通勤者で混雑する通路=東京都新宿区で2019年7月19日午前7時22分、宮間俊樹撮影

[PR]

 仕事しごとはじめる時間じかんはやめたりおくらせたりして、職場しょくば時刻じこくをずらすことです。通勤つうきんラッシュが問題もんだいになり、鉄道てつどうやバスなどの交通機関こうつうきかん混雑こんざつすくなくすることをおも目的もくてきおこなわれるようになりました。首都圏しゅとけん平日へいじつ鉄道てつどう利用りようするひとかずは1にち800万人まんにんとされ、五輪ごりん期間中きかんちゅうは1にちやく70万人まんにんがさらにくわわると予想よそうされています。トラブルが心配しんぱいされるため、本番ほんばんでの導入どうにゅうすすめられています。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

    2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

    3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

    4. 唐田えりかさんがドラマ出演自粛 東出昌大さんとの不倫報道で「反省」

    5. 新宿御苑「首相の到着時間」と「後援会関係者の入場時間」連動か 桜を見る会

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです