メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

クルマで走っていても傾斜がイメージできない? 勾配を示す標識はなぜ角度ではなく「%」表記なのか

情報提供:カートップ

クルマで走っていても傾斜がイメージできない? 勾配を示す標識はなぜ角度ではなく「%」表記なのか

「%」表記は法律で定められている

 道路標識というのは、誰にでもわかりやすいというのが条件だと思うが、なかにはピンとこない標識がいくつかある。

 そのひとつが、坂道の傾き具合を知らせる「急勾配あり」の警戒標識。あの標識に書かれている数字、単位は角度ではなく「%」になっている! 多くのドライバーにとって、●%勾配といわれても、どのぐらい急なのか緩いのかさっぱりピンと来ないのでは……。

勾配

 なのになぜ「%」で表記しているかというと、『道路構造令』という法律の第20条で、縦断勾配は「%」で表示すると規定されているから。でも、「%」では傾き具合がよくわからないという人のために、ちょっと整理してみよう。

 たとえば、10%勾配の上り坂は、水平に100m進んだ時に10mの高さを上ることを意味している。高さ10mというと、ビルの3階以上の高さなので、10%勾配というのはけっこうな急坂。これを角度に直すには、三角関数での計算が必要。計算式は、xパーセントの坂=θ度の坂となるときtanθ=x÷100。10%勾配だとすると、θ=arctan(1/10)。10%勾配=約5.71度になる。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです