メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

ホンダファンも大満足! ステップワゴン モデューロXの魅力を存分に味わえる体感試乗会が開催

情報提供:カートップ

ホンダファンも大満足! ステップワゴン モデューロXの魅力を存分に味わえる体感試乗会が開催

ノーマルとモデューロXを一般道で比較試乗できる貴重な機会!

 ホンダの純正アクセサリーなどを手がけるホンダアクセス。そのホンダアクセスが作り上げるコンプリートカー「モデューロX」シリーズの第3弾として登場したのが、ステップワゴンをベースにした「ステップワゴン モデューロX」。ベース車の改良に伴い、2018年12月にマイナーチェンジされた。

モデューロX

 モデューロX仕様では、専用のフロントグリルやフロントエアロバンパー、リヤロアーディフューザーにより空力性能を向上。サスペンションもミニバンの特性に合わせて3列シートのどこに座っても路面の段差による揺れを抑え、快適な乗り心地を実現している。

 今回は、そんなステップワゴン モデューロXの性能をより多くの人に体感してもらおうと、ホンダアクセスが「Modulo体感試乗会」を7月20日に開催。富山県にある、おわらサーキットと周辺の公道で試乗する機会を設けた。

モデューロX

 このイベントではステップワゴンのノーマルとモデューロXをそれぞれ比較できる外周路の走行と、おわらサーキット内でのS660 モデューロXの試乗を実施。

 また、モデューロ開発アドバイザーを務める土屋圭市さんと、スーパーGT GT300クラスでModuloチームに所属するレーシングドライバー・道上 龍選手によるS660モデューロXの同乗走行といったコンテンツが用意された。

モデューロX

 インターネットによる募集により、抽選で当選した午前、午後各10組ずつの計20組が参加。対象車種がミニバンということもあって、ファミリーで来場する人も見られた。

モデューロX

 試乗会は、まずノーマルのステップワゴンに乗り公道を約12.3kmドライブする。開発に携わったホンダアクセスの担当者が同乗し、試乗コースに設定されていたワインディングでの乗り心地などを説明しながらベース車の特性を体感。その後モデューロX仕様に乗り換えて、同じコースをもう1周走行するという内容だ。

モデューロX

 コースの設定を行ったモデューロX開発統括の福田正剛さんは、「モデューロXのキーワードは『まっすぐ』と『楽』。これを普段乗りでもわかるようコースを設定しました。ドライバーも同乗者も安心できる乗り心地や、走る楽しみをぜひ体感してほしいですね」と語ってくれた。

モデューロX

 また、ステップワゴン モデューロXに加えて、おわらサーキット内でS660 モデューロXを試乗できる機会も設けた。こちらも楽しみにしていた人が多かったようだ。

モデューロX

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 「消費増税ストップ!」 導入反対デモに600人 野党増税反対で一致

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. 引率の女児4人にわいせつ疑い 兵庫尼崎市公立小教諭逮捕 研修施設で

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです